最低限のゴルフマナー4、素振り

最低限のゴルフマナー4、素振り

素振りは1回以下、アプローチの場合でも2回以下、多くても3回までにしましょう。
素振りをする場合は、人がいる方向には絶対クラブを振ってはいけません。
土などが飛ぶ可能性もありますし、場合によってはクラブやクラブヘッドが抜けて飛んでいくこともあります。
たとえ離れていても人のいる方向には絶対に振らないで下さい。
素振りをする時は周りに人がいないかどうかを良く確かめてからしましょう。
また、素振りをしている人には無闇に近づかないように気をつけましょう。
そして前の組や隣コースに打ち込まないように慎重に打ちましょう。
もし入ってしまいそうになったら、『フォアー!』と大きな声を掛けましょう。
OBか分からない時で、念のため暫定球を打つ時は、同伴プレーヤーに必ず宣言し、使用ボール番号の確認をしておきましょう。
バンカーに入ってしまった時は,低くて近い位置からレーキをバンカー横まで持ってきて入りましょう。
急斜面の昇降は厳禁です。
高い側の急斜面は踏み込むと土砂が崩れやすく、芝生が傷みますので注意しましょう。
バンカーならしは、バンカーから出る前に、そこで作った凹みおよび足跡を全部入念に直しましょう。
レーキの置く位置は、基本的にはグリーンに向かって縦方向に置き、後続の人のボールに出来るだけ邪魔にならないようにします。
また、置き方はゴルフ場やコースによって決まりが違うので、キャディに尋ねるかスタート前に確認しておきましょうましょう。

関連ページ

最低限のゴルフマナー1、エチケット
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフマナー2、服装と名札
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフマナー3、プレイペース
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフマナー5、予備球
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフマナー6、タバコと喫煙
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフマナー7、年齢とエチケット
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?