最低限のゴルフルール5、ゴルフ道具

最低限のゴルフルール5、ゴルフ道具

ゴルフルールの中でも最低限知っておかなければならないこととしてゴルフ道具のルールがあります。
ゴルフ道具に関するルールでは、用具の規則として、クラブの適合性については、グリップ、シャフト、クラブヘッドの各種仕様について細かく適合性に関する基準が定められています。
ゲームに使用しなくとも 不適合なクラブがバッグに入るだけで、ルール違反となり、その場合の罰則は 失格となるほど厳しいものです。
反発係数 (COR) が一定の値 (0.830) を超える高反発モデルは不適合となっており、正式競技のルール上は使用禁止となっています。
14本以上のクラブをバッグに入れていた場合は、それを発見した時点で直ちに競技委員、同伴競技者、マーカーなどにその事実を報告する義務があります。
そして、その場合のペナルティーは、1ホール目で発見した場合は、ストロークプレーであれば二打罰、マッチプレーであれば、そのホールの負けとなります。
また、2ホール目かそれ以降で発見した場合は、ストロークプレーであれば四打罰、マッチプレーであれば、最大、2ホールの負けのペナルティーが科されることになります。
通常のプレーによってクラブがラウンド中に損傷を受けた場合は、次のような取り扱いとなります。
そのクラブをそのまま使い続ける、プレーが遅れないことを条件に、そのクラブを修理する、クラブが使用に耐えないような状況の場合は、他のクラブと取り替える。

関連ページ

最低限のゴルフルール1、基本編
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール2、ローカル・ルール
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール3、禁止事項
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール4、障害物
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール6、フラッグ
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール7、ティーアップ
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
ハンディキャップって何?
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?