最低限のゴルフルール7、ティーアップ

最低限のゴルフルール7、ティーアップ

ゴルフルールの中でも最低限知っておかなければならないこととしてティーアップでのルールがあります。
最初にボールを打ち始める時は台座(tee)に乗せて打ちます。
このティーを差す場所をティーグラウンド(teeing ground)といい、この最初の一打のことをティーショット(tee shot)といいます。
ここでボールを打ち始めることをティーオフ(tee off)といい、打つ前にボールをティーに乗せることをティーアップ(tee up)といいます。
ティーショットはティーマーカーによって定められた正しいティーグランドの区域内にティーアップをして打たなければならないというルールがあります。
正しい区域内から打たなかった場合は、打ち直さなければならないですし、ストロークプレーであれば、2打罰が科されることになり、間違ったティーからショットをした場合でも同様のペナルティーとなります。
競技ではティーの少し前から打ったり、間違ったティーからプレーをしないように気を付けましょう。
フェード、スライス系のボールで打つ場合はティーグランドの右側に、ドロー、フック系のボールで攻める場合は ティーグラウンドの左側にティーアップをするのがルールとなっています。
ティーアップの高さは ショートアイアンが 最も低く、クラブが長くなるに従って ティーアップを少し高くし、ロングアイアンで 5ミリから 1センチ程度となるのが通常です。

関連ページ

最低限のゴルフルール1、基本編
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール2、ローカル・ルール
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール3、禁止事項
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール4、障害物
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール5、ゴルフ道具
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール6、フラッグ
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
ハンディキャップって何?
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?