最低限のゴルフルール6、フラッグ

最低限のゴルフルール6、フラッグ

ゴルフルールの中でも最低限知っておかなければならないこととしてフラッグについてのルールがあります。
グリーンの上のカップの位置は毎日変更されますが、その場所が遠くからでも分かるように旗が立っています。
この旗をフラッグ(flag)またはピン(pin)といいます。
ロングパットをする時など、フラッグスティックを同伴プレーヤーに持ってもらうこともあると思います。
これをアテンドしてもらうともいいます。
その行為に係わるルールについても正しい理解をしておく必要があります。
グリーン上からパットしたボールが フラッグスティックに当たるという場合、ストロークプレーであれば 2打罰となり、マッチプレーであれば そのホールの負けというペナルティーが科されるルールになっています。
フラッグに誰もアテンドしていない状態でグリーン上にあるボールをパットしてしまい、ボールが転がっている途中で 気が付いてフラッグを抜いた場合には、以前はストロークプレーであれば 2打罰が科されましたが、2008年のルール変更で罰則がなくなりました。
つまり、ボールを打ってから 気が付いてフラッグやクラブを動かした場合は、それを避けることが出来たとしても 当たる可能性があると思われるものを動かした場合は 障害物の除去に関するルールの罰則が適用されてきたのですが、2008年のルール変更で フラッグ (アテンドしているいないに係わらず) や道具 (誰の道具かに係わらず) を動かすことができるようになり、罰則の適用がなくなりました。

関連ページ

最低限のゴルフルール1、基本編
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール2、ローカル・ルール
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール3、禁止事項
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール4、障害物
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール5、ゴルフ道具
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール7、ティーアップ
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
ハンディキャップって何?
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?