最低限のゴルフルール1、基本編

最低限のゴルフルール1、基本編

ゴルフはスタート地点からクラブ(club)を使ってボールを打ち、目標とする旗の立っているホール(hole)まで何打でボールを入れる事が出来るかを競うゲームです。
「目標のないゴルフはただの散歩だ」と言った有名なゴルフプレイヤーがいましたが、スポーツとしてのゴルフには基本ルールから細かいルール、ローカルルール等たくさんのゴルフルールがあります。
日々のラウンドがどこでも公平かつスムースに行えるように、ローカル・ルールが、コースごとにあります。
ですからゴルファーは、そのクラブでプレーをする限り、それを守る義務もあるのです。
ルールの適用には プレーヤーがその置かれた状況をルールで定義されている用語や条件に従って解釈、判断するというということになります。
コースに出る前にスコアカードの裏面に載っているローカルルールを読んでおきましょう。
自分のボールには目印(マーク)をつけておきます。
他のゴルファーが同じブランド、番号のボールだと区別できなくなり、ロストボール(紛失球)になってしまうからです。
プレイヤーが持ってスタートできるクラブの数は14本以内と決められています。
他のプレーヤーからクラブは借りれません。
プレー中は、練習ストロークをしてはいけません。
練習スイングはかまいません。
空いているグリーンでの練習は禁止されています。
練習用グリーンはかまいません。
ゴルフはプレーヤー自身が審判員となりますので一人一人がルールを守らなければいけません。

関連ページ

最低限のゴルフルール2、ローカル・ルール
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール3、禁止事項
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール4、障害物
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール5、ゴルフ道具
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール6、フラッグ
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
最低限のゴルフルール7、ティーアップ
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?
ハンディキャップって何?
活躍中のプロゴルファーの姿を見て、ゴルフを始めてみたい!と思う方も多いことでしょう。ここでは、初心者や女性に向けて、道具や練習場や練習方法についてアドバイスしています。ゴルフの練習法を知り、もっとゴルフの腕を磨いていきませんか?