ゴルフの練習と上達

初心者のゴルフクラブ記事一覧

初めてのゴルフクラブの選び方って?

テレビでゴルフの中継を見ていると、プロゴルファーが何本ものクラブを交換しながら試合をしていますが、あのクラブって一体全部で何本あるかご存知ですか。ゴルフのルールでは、14本以内であれば何本クラブを持っていても大丈夫なんです。けれど、初心者のあなたがいきなり14本も揃えることはありません。12本くらい...

≫続きを読む

ウッド、アイアン、パター以外にはどんなクラブがある?

ゴルフクラブは、大きく分けるとウッド、アイアン、パターの3種類になりますが、ほかにもいくつかのクラブがあります。まず挙げられるのが、ユーティリティクラブ。これは、昨今登場し、急速に普及しているクラブで、ハイブリッド・クラブとも呼ばれています。アイアンとウッドの中間の形状をしており、ゆえに機能的にも中...

≫続きを読む

ゴルフクラブの選び方って?

自分に合ったゴルフクラブを、あなたは使用していますか?「弘法筆を選ばず」を言ったことわざがあるように、ゴルフの実力さえあればどんなゴルフクラブでもベストなスコアが出せるなんて思っていたら、それは大きな間違いです。ゴルフクラブは一見すると、どれもあまり変わらないように思われるかもしれません。でも、実は...

≫続きを読む

ゴルフを始めるのに必要なゴルフクラブセット

ゴルフを始めるのに必要なゴルフクラブセットを選ぶ場合には、6番アイアンのカーボンシャフトから始めていくのが無難です。ゴルフのルールでクラブは「14本以内なら何本でもOK」ですが、初めはハーフセット(1、4ウッド、5、7、9アイアン、サンドウェッジ、パター)を揃えれば十分コースデビューできます。上達す...

≫続きを読む

ゴルフクラブはやはりドライバー?

ゴルフプレイヤーの最大の願望は、ロングホールでドライバーで飛距離を伸ばして、バーディ・イーグルなどを取ることでしょう。ゴルフクラブの中でドライバーといえば1番ウッド(1W)のことをいい、基本的にもっとも飛距離が出るように設計されているクラブです。一般にウッド形状のクラブはアイアン形状のクラブよりも飛...

≫続きを読む

ウッドクラブの種類や特徴って?

ウッドクラブとは、距離を延ばすことを目的とするクラブです。ウッドクラブは、もともとは、クラブのボールが当たる部分(ヘッド)が柿の木で作られていたため、このように呼ばれています。現在は、カーボンやボロン、チタンなど、軽くて硬い金属や複合素材が使われています。ウッドクラブというと1番から5番までがよく知...

≫続きを読む

アイアンの種類や特徴って?

アイアンとは、距離を打ち分けることを目的としたゴルフクラブのことです。アイアンは、飛距離よりもボールをコントロールし、狙ったところに持っていくことを重視してつくられており、ウッドクラブよりもヘッドが薄くシャープなつくりになっています。クラブヘッドはそのほとんどが鉄製です。アイアンは、通常3番からSW...

≫続きを読む

ゴルフクラブ、アイアンの選び方

ゴルフクラブはルール上14本まで使用できますが、そのうち「距離の打ち分け」を主目的として使われるクラブをアイアンと呼びます。本数が多いほど、距離によってクラブを選ぶといった微妙な距離調節が可能になります。アイアンは6〜10本が1セットになって販売されています。ウッドと同様に、アイアンも、3番、4番…...

≫続きを読む

パターの種類や特徴って?

パターとは、グリーンやグリーンまわりでボールを転がすために使用するクラブのことです。パターは、ウッドやアイアンに比べると、グリップの形状やサイズが、バラエティーに富んでいるのが特徴です。いずれにせよ、パターに求められるのは距離感と方向性、そして、スイングしたときのバランスやフィーリングなどです。パタ...

≫続きを読む

ゴルフクラブ、パター選びのポイント

ゴルフでは、飛距離が長かろうと短かろうと1打は1打です。飛距離の出る選手は確かに有利ですが、プロのトーナメントでは結果的に数十cmのパッティングの上手下手が勝敗を左右することが往々にしてあります。いいスコアで上がるには、グリーン上でのパット数をできるだけ少なくすることがポイントです。グリー上で使用す...

≫続きを読む

ゴルフクラブユーティリティーとは?

ユーティリティークラブが注目されています。ゴルフ初心者やアベレージゴルファーにとって5番アイアン以上のロングアイアンは苦手なクラブのひとつです。飛距離を出さないといけないからです。そんな時に頼りになるのがユーティリティーやショートウッドなどのフェアウェイウッドです。ユーティリティゴルフクラブは、アイ...

≫続きを読む